大阪で歯列矯正なら「淀屋橋矯正歯科」のインビザラインについてのページ。

インビザラインについて

周囲に気付かれずに歯並びを治したい方へ

周囲に気付かれずに歯並びを治したい方へ

従来のワイヤー矯正は、どうしても装置が目立つ傾向にあります。それが不安で歯列矯正に一歩踏み出せないケースも少なくありません。そんな方にはマウスピース型矯正の「インビザライン」がおすすめです。インビザラインなら、周囲に気付かれることなく、歯並びを治すことも可能です。

こんなお悩みはありませんか?

  • 悪い歯並びがコンプレックスになっている
  • 矯正治療で痛い思いをしたくない
  • 矯正中であることを気付かれたくない
  • 矯正中の虫歯や歯周病が不安
  • 矯正装置による金属アレルギーが心配
矯正治療を検討中の方は、上述したようなお悩みを抱えていることかと思います。マウスピース型矯正のインビザラインであれば、そうした悩みをきれいに解消することができます。

マウスピース矯正(インビザライン)とは?

マウスピース矯正(インビザライン)とは?

インビザラインとは、アライナーと呼ばれる透明なマウスピースを使用した歯列矯正です。世界で最も普及しているマウスピース型矯正であり、治療の効果も確かなものとなっています。ワイヤー矯正のようなデコボコとした構造ではなく、歯列にぴったりフィットするよう設計されています。見た目が美しく、装着時の違和感や異物感も小さいので、快適に歯並びを治すことができます。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット

装置が目立たない

インビザラインのアライナーは、透明な樹脂で作られています。装着していても目立たず、矯正中であることに気付かれにくいです。

トラブルが起こりにくい

マルチブラケット法では、ブラケットが外れたり、ワイヤーが歯肉を傷つけたりするなど、さまざまトラブルが起こり得ます。一方、マウスピース型矯正装置は、構造がシンプルでトラブルに悩まされることも少ないです。

金属アレルギーのリスクがゼロ

インビザラインのアライナーには、金属が含まれていません。矯正装置による金属アレルギーを心配する必要もなくなります。

治療に伴う痛みが少ない

インビザラインでは、比較的弱い力で歯を移動させることから、治療に伴う痛みも少ない傾向にあります。

お手入れしやすい

歯磨きの際には、アライナーを取り外せることから、装置のお手入れがしやすいです。歯磨きも治療前と同じように行えるので、むし歯や歯周病のリスクも低くなります。

通院頻度が低い

2ヶ月に1回くらいの頻度で治療を進めていくことができます。従来の歯列矯正と比較すると、通院頻度は低いといえます。

従来の矯正法との比較

マウスピース型矯正 表側矯正 裏側矯正
費用 ×
仕上がりの クオリティ ◯(◎)
虫歯のリスク × ×
治療中の見た目 ×
期間

マウスピースで歯が移動する仕組み

マウスピースで歯が移動する仕組み

マウスピースの交換頻度は、1~2週間に一度です。1つのマウスピースで移動するのは、150ミクロン(0.15mm)~250ミクロン(0.25mm)程度です。極めて緩やかですが、痛みや不快感を抑制しながら確実に歯を移動させることが可能です。患者さまは、歯科医師の指示通りにマウスピースを取り扱い、交換していくことで着実に歯の移動が起こっていきます。

不快な型取りは不要な iTero element (アイテロエレメント) について

不快な型取りは不要 なiTero element(アイテロエレメント) について

インビザラインによる歯列矯正では、iTero element(アイテロエレメント)と呼ばれる3Dスキャナーを用います。小型のヘッド部分をお口の中に挿入してスキャンするだけなので、従来の型取りのような不快な思いをすることはありません。短時間で精密な歯型のデータが得られます。

iTero element(アイテロエレメント)の特徴

印象材による型取りが不要

シリコーンゴム印象材を使った不快な型取りを行う必要がありません。

10分程度でスキャンできる

歯列全体のスキャンは10分程度で完了します。

スキャンと同時にデータ化できる

アイテロエレメントでスキャンしたデータは、すぐに利用可能な状態へと変換できます。

アメリカへ歯型を輸送しなくてよい

従来法では、採得した歯型をアメリカへ輸送する必要がありました。アイテロエレメントなら歯型のデータを瞬時に送信できることから、マウスピース製作にかかる期間を大幅に短縮できます。

インビザラインの症例について

インビザラインの治療症例.01

  • インビザラインの治療症例.01
  • インビザラインの治療症例.01
治療期間 22ヶ月
治療費用 550,000円〜1,057,000円(税別)
リスク副作用 矯正治療全般に共通して、虫歯・歯周炎・歯肉炎・歯根吸収・後戻りなどのリスクがあります。

インビザラインの治療症例.02

  • インビザラインの治療症例.02
  • インビザラインの治療症例.02
治療期間 30ヶ月
治療費用 550,000円〜1,057,000円(税別)
リスク副作用 矯正治療全般に共通して、虫歯・歯周炎・歯肉炎・歯根吸収・後戻りなどのリスクがあります。

症例に対してのコメント

インビザラインでの治療例です。
細かな仕上げに関してはやはり従来のワイヤー矯正治療が有利ですが、現在ではインビザラインの進化は目覚しく、このようなレベルまで仕上げることが可能となっております。
インビザラインによる矯正治療で最も重要なのはやはり診断力です。インビザライン社の開発によって治療予測AIは進化を重ね続けていますが、それを鵜呑みにしてしまっているドクターが多いことが非常に問題となっています。ワイヤーテクニックが必要とされない治療であるため、一般の歯科医師や一般歯科クリニックが手を出しやすいわけですが、AIはあくまで治療のための補助であり、正しく診断予測するのはやはり矯正歯科医師の重要な役割です。しかしながら、クリニックが、業績を増やしたいがために安易にマウスピース型矯正治療に手を出すケースが後を絶たず、全国的にトラブルが頻発しているのが現状です。それらはみな、正しく矯正歯科学を学んだりトレーニングを重ねたりすることなく矯正歯科の分野に手を出しているクリニックで起きています。
患者様にそれらを見分けるのは困難なことかもしれませんが、ぜひ一度、矯正歯科専門の淀屋橋矯正歯科にご相談にお越しください。矯正歯科治療は最初回の治療が非常に重要です。皆様が正しい矯正歯科治療を受けていただけることを強く願っております。

PAGE TOP